スタッフブログ

長野市の不動産会社「貸家会 アパルトメイト」のブログです。不動産物件のお得な情報をはじめ、地域情報やスタッフの雑記など様々な話題をお届けいたします。

西穂高岳独標

こんにちはKです。

6月は山に登れずブランクがあったので、

1週間前に再び飯綱山に登って調整しました。

 

今回登ったのは、穂高連峰の「西穂高岳(の独標まで)」です。

西穂高岳の登山口は、岐阜県高山市の新穂高温泉にあります。

長野市に住む者としては、上高地よりもさらに遠いので、

これまではなかなか足を向けることがありませんでしたが、

今回ようやく登る機会をつかみました。

 

西穂高岳は11の峰が連なり、一番奥の11番目に西穂高岳の山頂があります。

独標は登山口・西穂山荘から数えて最初のピークに当たります。

まずはロープウェイに乗って10分弱で登山口に着きます。

 

↓新穂高ロープウェイのホームページです。

http://shinhotaka-ropeway.jp/

 

登山口から1時間ほど登ると、西穂山荘に到着します。

ここで休憩したのちに、ヘルメットと手袋を装着して出発です。

目指す西穂高岳が見えてきました。

森林限界を越えているので、背丈の低いハイマツの緑が鮮やかです

その険しさがわかりますね。

独標に近づくと徐々に歩きにくくなってきます。

独標に人が立っているのが見えます。

 

両手両足を使って独標を目指します。

独標に到着しました\(^o^)/

 

さらにその先に視線を向けると、まだまだピークが続きます。

第11峰の別称が「独標」であり、西穂高岳山頂にたどり着くには

あと10の峰を越える必要があります。

西穂高山頂に行くには何度もアップダウンを繰り返します。

 

下をのぞき込むと…なかなかスゴいことになっています!

写真の女性は果敢に下ってますけど、

いきなり急降下することに抵抗を感じる人がいても無理はありません。

半分以上の登山者は独標で引き返すそうです。

この先は落石や滑落の危険度がアップしますので、

慎重に進むことが求められます。

 

今シーズンの西穂高で、滑落で不幸にして亡くなられた方も何名かおられます。

来た道を振り返ると、右奥に焼岳と上高地が見えます。

 

今回Kは独標を目標に設定していました。

結果的に1時間近くも独標に長居してしまいました。

その先のルートは次の機会に狙うことにしました。

西に笠ヶ岳が見えるはずですが、この日は山頂に雲がかかりっぱなしでした。

雲が一定の線より上に出ていたので、思わず撮っていました。

 

さあ、西穂山荘に戻ってお昼にしましょう。

西穂ラーメン味噌味です。

この標高にして生の麺にこだわっているとのことです。

 

↓西穂山荘のホームページです。

http://www.nishiho.com/

帰りのロープウェイから西穂高連峰を眺めます。

右から左に進みましたが、次回はさらに奥に行きたいと思います。

 

日帰りで西穂の山頂に着くことも可能ですが、

長野市からの往復の運転時間の負担も大きいので、

西穂山荘に泊まって登りたいと思います。

0

    三代目・・・

    7才愛娘の、今のお気に入りはディズニープリンセスでもなく

    ジャニーズのでもキスマイでもなく

    なんと、三代目JSoulBrothersなんです

    去年の運動会の一種目でランニングマンの振り付けがあったことから始まりました

     

    中でもお気に入りなのは、岩ちゃんだそうで・・・

    テレビにでると恥ずかしそうにしてます

     

    R・Y・U・U・S・E・I のPVを視てノリノリダンス

     

    いろんな意味で、少しだけ将来に不安を感じるママはいけないでしょうか・・・

                                   J・・
     

    0

      雪村そば はねだし屋

      今回は地方テレビ番組で紹介されていたお店に伺いました。
      柳原のそば工場に併設された雪村そばの「はねだし屋」さんですのれん


      はねだし屋と言うくらいで、併設する工場でつくられた蕎麦の太さが疎らになったものとかを茹でて提供してます。

      びっくりなのが、盛りそば中盛まで300円。大盛りが400円。肉入りでも中盛500円という値段の安さ。
      今日は盛りそばの中盛り。

      好みはわかれますが、そばつゆは少し甘めで塩分抑え目で好きな味です。


      ときどき、太い麺があります、これがはねだしの意味なのかな?
      でも、蕎麦の風味もするし、暑くなるこれからホントにいいわ
      それにしても、このボリュームで300円だなんて・・・コレ、たいへ〜ん汗

      場所が柳原の工業団地なのでちょっと遠いんですが、また来たいと思います。

       

      本日もごちそうさまでした。

                                     J・・

      0

        風景画

        アパートオーナーさんのお宅へご挨拶に伺ったときのお話

        玄関に飾られていた数々の油絵に目を奪われて、聞いてみたところ
        すべて、オーナーさんが描かれたものだということでビックリしてると
        見たことのある風景がを持って来られました
        それはコチラ

        今年の冬に描かれたそうです絵
        3時間ほど現場で全体を描き、ご自宅で色を付けたそうですが
        絵すごく細かく描写されていると思いませんか?
        見た瞬間にどこから描いたものかわかりましたよ
        そう、大きな建物はラウンドワンです

        で、後日、現場へ行ってみると

        雪は有りませんが、ねぇ、見事ですよね
        アタシもこんな風に絵が描けたら、画伯になれたのになぁパイプ
                                     J・・
        0

          晴れていたけど雨飾山

          こんにちはKです。
          梅雨入りが発表されましたね。

          今年は例年よりも雪どけが早いので、
          通常この時期には雪が残って登りにくい山に登ることにしました。
          今回は小谷村の最北端にある「雨飾山(あまかざりやま)」に登ってきました。
          日本百名山のひとつに数えられており、紅葉の時期には多くの登山者が集まります。

          長野市から車で約2時間弱で雨飾高原キャンプ場の登山口へ。
          登山口付近には2014年11月の地震の爪あとが残されていました。
          5時30分前に登りはじめます。

          平坦な木道が終わると急な登りが始まります。
          ブナの新緑を眺めて進みます。
          ピークを超えると視界に雪渓が見えてきます。
          雪の下に埋もれていますが「荒菅沢(あらすげさわ)」という名の沢です。

          ここから「布団菱(ふとんびし)」と呼ばれる独特の白い岩肌が見えるのですが、
          この日はあいにくガスがかかっていて、その全容は見えませんでした。

          ここで最初の休憩をとった後に登り始めると、急な登りが待ち構えていました。
          その一方で、夏のお花も登場します。
          ここでもシラネアオイ(このブログには通算3回目の登場ですね)が咲いていました。

          徐々に足場が悪くなり、丸太のハシゴが連続して登場します。

          この付近は高低差があるのが写真を見てもわかります。
          紅葉の時期には大渋滞する場所でもあります。

          急な登りの連続を過ぎると、「笹平(ささだいら)」の分岐に到着します。
          このあたりから雨飾山の山頂が姿を現します。
          遠くには北アルプスも見えてます。

          笹の中の登山道を進むと、シラネアオイやハクサンイチゲ、カタクリの群落がありました。

          しばし足を止めて見入っていました。

          最後の急な登りを登り切って、8時45分に山頂に到着です\(^o^)/

          この山頂から初めて北アルプスが見えました。

          登ってきた笹平を振り返ると…何かの形に見えませんか?
          人の横顔らしいです(私も他の方の登山記録を読んで初めて知りました)。

          40分ほど山頂を満喫して、正午前に無事に下山しました。

          山頂までの距離は短いですが、渡渉、ハシゴなども盛り込まれて楽しめるコースです。
          今回は初めて見る景色にいくつか出会うことができました。

          登山口までの移動距離が長いことから、登るか迷いましたが、
          結果的には早起きして登ってよかったです。
          心の栄養をチャージできました。
          0

            カレンダー

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << July 2016 >>

            最近の投稿

            カテゴリー

            アーカイブス

            コメント

            リンク集

            プロフィール

            記事数:168回
            最終更新日:2016/07/20

            ブログ内検索

            おすすめ商品

            ブログ内検索

            qrcode


            • あなたの大切な不動産を査定してみませんか?詳しくはこちらから
            • ご希望物件リクエスト|お客様がご希望の物件をお探しします!
            • 買い替えや住み替えをお考えの方へ

            不動産相談室

            • 借りたい|知っておきたい!賃貸契約の基礎知識
            • 貸したい|アパート貸家のオーナーの皆様
            • 買いたい|不動産ご購入時の流れをご案内します。
            • 売りたい|土地・建物など「無料査定」致します。